なぜ読者の視点で考えた「言葉選び」をする必要があるのか?

参考資料:
新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング できるビジネスシリーズ


著者:唐木元(からき げん)

1974年東京都生まれ。株式会社ナターシャ取締役。大学在学中よりライターとして働き始める。卒業後は事務所「テキストとアイデア」を開設、雑誌を中心に執筆・編集の現場に従事した。2004年より編集者として、ライブドア・パブリッシング、幻冬舎、KI & Company(ジーノ編集部)と3つの出版社に勤務。2008年、株式会社ナターシャに参加し、編集長として「コミックナタリー」「おやつナタリー(終了)」「ナタリーストア」を立ち上げた。
参考:cakes

「言葉選び」には客観性を重要視しよう

どんなジャンルの文章であれ、自分が理解していない言葉を一語たりとも書いてはいけません。一文字たりとも、です。

「そんなこと当たり前だろう」と思われる方も多いかもしれません。しかし文脈に大きく関係ないとき、話し相手が語った固有名詞、あるいは参考資料にある見慣れない言葉を左から右にそのまま書いてしまうことは、現場ではあり得るでしょう。

とはいえ、第一に読者に正しい内容を伝えるサービス精神において、第二にリスクマネジメントの観点において、生返事や知ったかぶりは絶対にダメです。「こういうことだろう」でなんとなく書かず、必ず検索して概要は理解しておくこと、それが絶対の条件です。

「らしさ」「ならでは」には客観的根拠を添えること


いかにも彼らしい巧みなフレージングでファンを魅了した。

スタジオミュージシャンとして10年のキャリアを持つ彼らしい、巧みなフレージングでファンを魅了した。

「〜らしさ」「〜ならでは」「〜おなじみ」といったフレーズは、暗に読み手に「既知」を要求しているため、どうしても独善的なニュアンスが漂っています。

書き手はたいていの場合、書いている内容について、世間標準寄りは多くの知識と理解を持っているもの。そのためつい、こういった既知を前提とした表現を繰り出して、読者を置いてけぼりにしてしまうものです。

広く世間に情報を発信するなら、「知っていて当たり前」といった考え方は傲慢です。もし既知を前提としたフレーズを使うとしたら、必ず客観的な根拠を添えることを心がけてください。

また「おいしい牛乳」という商品名に対し、「美味しいかどうかを決めるのは飲んだ人だろう」「傲慢だ」という声を耳にしたことがあります。

「おいしい」は明確に主観的なので気づきやすいですが、「達者」「人気」「豪華」といった、主観的な判断をともなう単語は要注意です。

何を基準に「豪華」と判断しているのか、やはり読者には独りよがりな宣伝文句に感じられてしまうものです。以下のように、客観的根拠を添え、誰の目にも明らかで納得のいく表現にしましょう。

人気コミック「新宿スワン」が豪華キャストにて実写映画化される。

シリーズ累計800万部の人気コミック「新宿スワン」が、日本アカデミー賞受賞俳優・綾野剛主演で実写映画化される。

面倒くさくても具体的な数値や事実を積み重ねることによって、知っている日にも知らない人にも伝わる、客観的な記述ができるようになります。

指示後は最小限に

また、「こそあど言葉」と呼ばれる指示後は最小限にしましょう。

コレナニアレなのよ。

嫁が妊娠して金欠なのよ。

指示語とは、前の文脈で提示された言葉を指し示して言い換える言葉です。長い名詞や文節でも 2、3 文字で受けてくれるため、文章をコンパクトにしたいときに重宝しますが、多用すると文章が抽象的になり、文脈を見失わせる原因になります。

指示語が続くと、読み手はいちいちそこに入る言葉を判断しながら読み進めなければいけないので疲れますし、続きを読む気も失せてしまうでしょう。つまり「完璧されない文章」になってしまうわけです。

原文では「ナニ」「アレ」「そう」が示す言葉がサッパリ不明でしたが、それぞれが指し示す具体的な言葉に置き換えました。

直前の文脈に、指示対象の候補が複数あってわかりにくいケースもあります。

attracterは当初3ヶ月で開発してサービスを開始するはずだったが、メンバーの意見で様々な機能を盛り込んでいくうちに、それが遅れてしまった。結局、それが開始したのは1年後だった。

attracterは当初3ヶ月で開発者サービス開始するはずだったが、メンバーの意見を聞いて様々な機能を盛り込んでいくうちに、開発が遅れてしまった。結局、サービスが開始したのは1年後だった。

最初の「それ」は、遅れたのが「開発」なのか、サービスの「開始」なのか迷うところです。2番目の「それ」も、 開始したのは「attracter」とも「サービス」とも「開発」とも取れます。

改善分は、指示語を使わず、具体的な言葉を補っているため、 文の意味が明確になりました。

このように「こそあど言葉」はなるべく使わず、具体的な言葉で文章を構成していく習慣を付けましょう。

彼や彼女いった人称代名詞にも同じメリットとデメリットが存在します。指示後は用法用量を守ってご使用ください。

「今作」「当サイト」・・・指示語もどきにご用心

でんぱ組.inc が6月17日にニューシングル「おつかれサマー!」をリリース。今作の発売を記念したライブイベントが5月24日に開催される。このイベントでは、今作の表題曲が初披露される予定。

でんぱ組.inc が6月17日にニューシングル「おつかれサマー!」をリリース。今作の発売を記念したライブイベントが5月24日に開催される。このイベントでは、シングルの表題曲「おつかれサマー!」が初披露される予定。

指示語の多用にともなう危険に関しては、同じ意味で注意してほしいのが、「今作」「本年度」「当サイト」といった、指示後のように振る舞う言葉です。

「指示語もどき」にはたとえば以下のような表現があります。

今:今作/今回/今年度・・・・・

前:前作/前回前年度・・・・・

本:本作/本シーズン/本年度・・・・・

昨:昨シーズン/昨年度・・・・・

当:当作/当劇場/当サイト・・・・・

音楽や映画のタイトルには、長い固有名詞が少なくありません。文中で繰り返すとくどくなりがちですし、文字数制限がある場合はなおさら「今作」「本作」などの言葉を使うと収まりがよく思えるものです。

しかしこれらの指示語もどきも、多用すれば指示対象があいまいになり、読者の頭を混乱させる表現になります。

原文では、シングルのタイトルを繰り返すことを避け、初出以外は「今作」で通しています。一見すっきりとして見えますが、「今作の表題曲」となるのと赤信号。改善文のように、曲名を出したほうが格段にわかりやすくなります。

固有名詞はくどくなるギリギリまで繰り返したほうがいい

固有名詞を繰り返したほうが、文章から具体性が失われず、読みてに固有名詞が浸透していくと考えるためです。しかしこれは記事としては有効ですが、企画書や報告書ではスマートに置き換えたほうが良いかもしれませんね。

「今」「本」「当」などの指示語もどきは、長い固有名詞の重複を避け、文章をソリッドにするテクニックですが、読者に親切な文章を目指すなら、可能な限り別の表現を探すことをおすすめします。

もっとも安易に使ってしまいがちなのが「今回」なので、意識して言葉選びを行うようにしましょう。

「企画」「作品」・・・・・

ボンヤリワードにご用心

「辻浦さんとチュパカブラ」は櫻井あつひとによる作品

「辻浦さんとチュパカブラ」は櫻井あつひとによ学園ラブコメディ

たとえば、「作品」や「企画」。誰かが作ったものはみな作品でしょうし、誰かが考え立ち上げたものはどれも企画でしょう。

ボンヤリワードは抽象度が高いゆえに使い勝手は良いのですがそれゆえインフレを起こしがちですし使うほど文章の輪郭があいまいになってきてしまいます可能な限り具体的個別的な言葉に置き換えた方が明快な読み味が得られるでしょう。

よく使われるぼんやりワード

企画、作品、楽曲、番組、物語、コンテンツ、ストーリー、ステージ、プロジェクト、etc・・・・・

ほかにもあげていけばきりがないところですが何も抽象度の高い便利な言葉たち徐々に減らすことはできませんが用法用量には気をつけたいところですね。

貞本義行によるマンガ版新世紀エヴァンゲリオンの完結を記念した企画が実施されている。

貞本義行によるマンガ版新世紀エヴァンゲリオンの完結を記念して、複製原画をプレゼントするキャンペーンが実施されている

こちらの例文では企画の内容について踏み込んだ補足説明を加えることで具体性を高めました指示代名詞のように使っている場合は具体的な言葉に置き換えて説明不足な場合は情報+凡庸リワード使いたくなったら、そうして具体性を補うように心がけましょう。

イージーな言葉選びがボンヤリワードの内容をもたらします。「ここにはこれしかない」というピッタリした言葉を選びましょう。

参考資料:
新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング できるビジネスシリーズ


著者:唐木元(からき げん)

1974年東京都生まれ。株式会社ナターシャ取締役。大学在学中よりライターとして働き始める。卒業後は事務所「テキストとアイデア」を開設、雑誌を中心に執筆・編集の現場に従事した。2004年より編集者として、ライブドア・パブリッシング、幻冬舎、KI & Company(ジーノ編集部)と3つの出版社に勤務。2008年、株式会社ナターシャに参加し、編集長として「コミックナタリー」「おやつナタリー(終了)」「ナタリーストア」を立ち上げた。
参考:cakes