もっとスムーズに文章を書くコツ

参考資料:
新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング できるビジネスシリーズ


著者:唐木元(からき げん)

1974年東京都生まれ。株式会社ナターシャ取締役。大学在学中よりライターとして働き始める。卒業後は事務所「テキストとアイデア」を開設、雑誌を中心に執筆・編集の現場に従事した。2004年より編集者として、ライブドア・パブリッシング、幻冬舎、KI & Company(ジーノ編集部)と3つの出版社に勤務。2008年、株式会社ナターシャに参加し、編集長として「コミックナタリー」「おやつナタリー(終了)」「ナタリーストア」を立ち上げた。
参考:cakes

読者に伝わる丁寧な文章にしていく

文章には品の良さや丁寧さというものが求められると私は思っています。いくら強く響くからといって、どぎつい表現や乱暴な言葉を投げかけるのは避けるべきです。

物珍しい言葉、価値を見つけるような言葉に頼らずに、丁寧な言葉づかいでスムーズに語りかける。それでも伝えたいことが伝わるとしたら、かなりの達人といえるでしょう。

この「丁寧な言葉づかいでしっかり伝える」というテーマにについて考えるとき、私はいつも、デパートの優秀な外商員のことを思い浮かべます。

彼らは当然ですが大声もあざとい言葉も繰り出さない。しかし商品の魅力がすんなりとこちらの心に入ってきて、気づいたら買いたくなっています。そんな文章を妨げるようになりたいですね。

スピード感をコントロールする

スピード感は出せばいいというものではない

多くのコピーライティングセミナーでは「文章で大事なのはスピード感である」「一文は短く」「冗長な表現はNG 」といった指導がなされています。確かにそのとおりなのですが、その先にある真髄は、「適切なスピード感にコントロールしよう」というメッセージが含まれています。

スピード感とは「文字数あたりの情報量」

ところで文章における「スピード感」とは何でしょうか?

車におけるスピード感とは、走っている速度からもたらされる体感のことですから、乗っている車が同じなら時速 = 距離 ÷ 時間に比例します。

ではよく耳にする「文章のスピード感」とは?同じことを言うのに1,000文字かかっている文章と500文字かかっている文章では、どちらがスピード感があると思いますか?当然後者です。

すなわち、文章におけるスピード感とは情報量 ÷ 文字数で割り出すことができるのです

例:

その本は 7 月 5 日に発売される。(15文字)

その本は 7 月 5 日発売。(11文字)

下の例文のほうが、同じことを言うのに要した文字数が少ない。

すなわちスピード感が高いということです。

スピードの出し方とコントロールを覚える

スピードコントロールのサンプルとして、まずは水泳を思い浮かべてみてください。初心者のうちはモタモタとしか泳げませんから、早く泳げるようトレーニングします。しかしトップスピードが出せるようになったら、今度は距離合わせたスピードに制御して、適切に泳ぎ切るのがセオリーです。

文章もしかり。あまりにも冗長なら読み手は離脱します。ソリッドすぎてもぶっきらぼうで読む気が失せてしまいます。われわれが目指すべきは「完読」ですから、基本はコンパクトにまとめつつ、無愛想にならない程度の丁寧さをもって読者をおしまいまで導かねばなりません。

まずはスピード感が出せるようになって、その後適切にコントロールすることを覚える。スピード感にまつわるテクニックは、この2段階を踏む必要があると考えています

まずはスピード感が出せるようになろう。

その後は適切にコントロールして、快適なスピードで読者を完読まで連れていきましょう。

体言止めは読者に負担を与える

例1:

私の故郷は福島です

私の故郷は福島

例2:

会場にようやく到着した

会場にようやく到着

体言止めとは、文末を名詞や代名詞( = 体言)で終わらせるテクニックです。文字数が減ってタイトになる上、文末にバリエーションを与えてくれ、リズムを整える効能もあります。

しかしあらゆる薬には毒の一面があるように、体言止めも乱用は禁物です。先述した通り、スピード感も出しすぎればぶっきらぼうさを呼び込みます。さらに体言止めには、読み味を落とす危険な側面があるのです。

体言止めが、なぜ文末の助動詞などを省略できるかというと、省略した部分を、読み手が無意識に心の中で補完してくれているからです。省略されている言葉は何か。現在形か過去形か、常体か敬体か、能動か受動か。そういったジャッジを、読者は瞬時に脳内で演算して埋めてくれているのです。

「新しい文章力の教科書」は8月7日に発売。

⚫隠されているのはどれ?

 発売する。(現在・能動)

◯ 発売される。(現在・受動)

 発売した。(過去・能動)

 発売された。(過去・受動)

この隠されたものを類推する脳の動きが読者を疲れさせ、ひいては文章から離脱していく原因となっていきます。体言止めは、便利だけど読み味を落とす、諸刃の剣と覚えてください。

また文末の重複にもつながりやすいことから、「体言止めは最小限に」と考えたほうが得策でしょう。体言止めに依存せずともスピード感が出せ、文末のバリエーションも確保できるようになったら、かなりの腕前ともいえます

「体言止めは最小限に」を合言葉に、減らしてみるトレーニングをしてみましょう。意外と使わずに乗り切れるものですよ。

行きすぎた名詞化はぶっきらぼうさを生む

名詞化は湯加減を見て使う

あるべき助詞などを省いて名詞化していくのは、文章のテクニックのひとつ。文章をソリッドにする効果がありますが、省略によるぶっきらぼうさも生まれてしまいます。前項で説明した体言止めのメリット/デメリットにも似ていますね。

赤塚不二夫生誕 80 周年記念長編劇場アニメ

赤塚不二夫の生誕 80 周年を記念した長編劇場アニメ

原文はまったく助詞などのつなぎがなく、20文字で一単語の長い名刺になっています。意味は通じますが、昔の電報みたいな調子にも聞こえ、音読したときに息切れしてしまうのではないでしょうか。改善分では省かれていた表現を補足したので、スムーズな文章になりました。

しかしこれも程度問題。なんでもかんでもほぐしたほうがいいかというと、そうとも言い切れません。冗長すぎる表現になってしまっては元も子もありません。

もうひとつ例文を見てみましょう

初回生産限定スペシャル特典カード封入

初回生産のみ限定、スペシャル特典カードが封入されている。

初回生産限定で、スペシャルな特典のカード封入されている

最初の文は完全な名詞化。係り受けるも曖昧になり、わかりにくい表現です。次の文は、省かれた表現を可能な限り補足したものです。ここまでほどいてしまうと、逆にもたついた野暮ったい印象になります。

最後の文、「初回生産限定」と「スペシャル特典カード」を熟語として残し、「封入」の体言止めをやめました。適度な意味のまとまりと、語呂の良さを感じられるのではないでしょうか。このように、どの程度開くか、閉じるかのバランスが感覚的なところですが、いい湯加減をキープできるようにいろいろなパターンを探してみるといいでしょう。

熟語化する言葉を安易に使わない

名詞化の親戚と言えるのが、「〜化」「〜的」「〜性」などの言葉を足し熟語化する表現です。

今まさに使った「熟語化する」のように、名詞に「〜化」を足して動詞のように使う手法がその筆頭です。「〜的」や「〜性」を足すことによって、「〜ような」「〜らしさ」を熟語的に表現する用法もこの仲間でしょう。かなり汎用性が高く、ぶっきらぼうさも生みやすい表現のため、乱用は厳禁です。

すでに辞書に載っている「自伝的」「郊外化」といったオーセンティックな単語は全く問題ないのですが、「打ち上げ花火的」「見える化」オリジナリティのレベルが上がってくると、文面にあざとさが漂い始めます。

「ぼのぼの」から エピソード化した6つの場面を多面的にコレクション的できる紹介していく。

「ぼのぼの」から6つの場面を エピソードとして抽出しコレクションしたものを多面的にコレクションできる紹介していく。

「エピソード化」「コレクション的」は 、普通の言葉に置き換えられます。ま学術論文などで見かける「〜的」を重ねて使う表現は一般向けではアウトでしょう。

ちなみに言うか話し言葉で使う「ワタシ的には」も、書き言葉ではみっともないので避けましょう。

名詞や熟語をどのぐらいほぐしてあげるかは、程度問題。ちなみに「温故知新」「画竜点睛」のような故事成語は分解してはいけません。

参考資料:
新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング できるビジネスシリーズ


著者:唐木元(からき げん)

1974年東京都生まれ。株式会社ナターシャ取締役。大学在学中よりライターとして働き始める。卒業後は事務所「テキストとアイデア」を開設、雑誌を中心に執筆・編集の現場に従事した。2004年より編集者として、ライブドア・パブリッシング、幻冬舎、KI & Company(ジーノ編集部)と3つの出版社に勤務。2008年、株式会社ナターシャに参加し、編集長として「コミックナタリー」「おやつナタリー(終了)」「ナタリーストア」を立ち上げた。
参考:cakes