一通り書き終えたら、チェックするべき5つのポイント【重複チェック編】

参考資料:
新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング できるビジネスシリーズ


著者:唐木元(からき げん)

1974年東京都生まれ。株式会社ナターシャ取締役。大学在学中よりライターとして働き始める。卒業後は事務所「テキストとアイデア」を開設、雑誌を中心に執筆・編集の現場に従事した。2004年より編集者として、ライブドア・パブリッシング、幻冬舎、KI & Company(ジーノ編集部)と3つの出版社に勤務。2008年、株式会社ナターシャに参加し、編集長として「コミックナタリー」「おやつナタリー(終了)」「ナタリーストア」を立ち上げた。
参考:cakes

まずは重複チェック

一通り書き終えて、読み返しながら言葉遣いを磨いていくときどこからチェックしたらいいかわからなくなるときって、ありますよね?

まずは同じ単語やフレーズがダブってないかを確認する「重複チェック」から始めるようにしましょう。

なぜ重複チェックから始めるのか?

第一最も発生率の高いエラーであること第二には重複チェックをしていくことで文法の誤りや言葉選びの甘さリズムの悪さそれには事実誤認や構造の難所といった別レイヤーの問題までが炙り出されてくるからです

そのためにも欠かせないのが、「あらゆるスケールでの重複に気付くアンテナ」です。

単語の重複はもちろんのこと、文節の重複、文型の重複、段落構造の重複、記事の構成の重複と、ミクロからマクロまで、洗えるスケールでチョークで見られるようになりましょう。

単語レベルの重複とは文字通り、 同じ単語を何度も用いてしまうこと。文節レベルの重複は、文末表現のダブリを筆頭に、 最もメジャーな重複といえましょう。文型レベルの重複とは、「私は動物園に行きました。兄は遊園地に行きました。」といった具合に、文章の構造がダブっている状態です。

1. 2連は黄色信号、3連はアウト

重複の一例として、ここでは単語レベルのダブリを見てみましょう。「の」の連続は、今取りワープロソフトでも作ってくれる典型的な単語レベルの重複です。

〇〇△△△✕✕が。。。

ダブリは少ない方が望ましいですが、2連続までは共用できるケースも少なくないのが現実。3連続を超えると、誰が読んでも来る感じられるものです。絶対のルールではありませんが、概ね「2連は黄色信号、3連はアウト」と覚えてください覚えてください。

しました

そして、〇〇しました

さらに、△△△しました

文章に対し意識を織り込む第一歩が「重複チェック」です。重複を排除するだけで、文章も驚くほど生まれ変わることを体験してください。

2. 分節レベルに重複を解消する

単語レベルに一つスキルアップして分泌レベルの重複を見ていきましょう例えば会話文で起きやすいのはこんな重複です。

例:
朝起きたらまずストレッチをして、すると体が軽くなって、あれってもしかしてこういうことだったのかと気づいて

修正後:
朝起きたらまずストレッチを、すると体が軽くなって、あれってもしかしてこういうことだったのかと気づいたんです

読点を読み込む動詞は連用形と決まっているため重複するのは当然なのですが、文の区切りに「して」「なって」「気づいて」と「て」が連続してしまうことってよくありますよね?

こういう時は動詞の選び方を変えたい助詞終わりにしたりと、散らす工夫をしましょう!

「して」は「し、」と、「て」を消したり、「気づいたんです。」と言い切るように変えるなど、重複を解消するだけで話し言葉の 印象はそのままに、 文章として読みやすい一文に変えることができるのです。

また、理由・根拠を表す「したため」も重複しがちですが、「したので」など 機能が同じ表現に置換することができるので試してみてみましょう。

3. 文末のバリエーションに気を配る

文節レベルの重複に一番気をつけたいのが、 文末の重複です。

よく文末に「しました」「です」「でした」などが続き、小学生の作文のような印象になってしまいます。

体言止めの連続使用も、 陥りやすいトラップの一つで、体言止めは歯切れのいいリズムをもたらすので多用してしまいがちですが、2連続するだけでかなりぶっきらぼうな印象を与えるので意識してみましょう。

例:
10月21日にコンテストが開催。場所は府中の森芸術劇場。各地の中学校の吹奏楽部が出演

修正後:
10月21日にコンテストが
開催される。場所は府中の森芸術劇場。各地の中学校の吹奏楽部が出演する

文末表現は文書の印象を左右する重要な要素です。 特に段落の記事全体の終わりは、読後の余韻に強く影響します。 文末表現のカードをいかに多く持っているかが、文章力の秘訣と言っても過言ではないでしょう。

基本の文末パターンは、動詞(現在/過去)、断定の助動詞(〜だ・〜です)、体言止めの3つです。 これに加えて形容詞や形容動詞と言った修飾語終わり、 さらには倒置法や呼びかけ(〜してみよう)といった変化球でカードを増やしていくことになります。

文末の重複は文章の読み味を決定的に損ねるポイントです。文末がダブらず散らせるようになったら、言葉選びも一人前といえるでしょう。

4. 時制を混在させて推進力を出す

文末のバリエーションに関連して、過去の出来事に、過去形と現在形の両方が使えるテクニックにも触れておきましょう。

原稿が内容によって、現在形/過去形の傾向はある程度決まります。

書き手の意識が「過去の時点から見た現在」にあれば、過去の出来事を現在形で書いても成り立つのです。

例:
1970年代、アーティストAの数々のヒットソングは当時のファンを喜ばせた

修正後:
1970年代、アーティストAの数々のヒットソングを連投し、多くのファンを喜ばせる

修正後の方が臨場感を感じ、迫力が出るようになります。
同じことは未来についても言えます。次の例文で「未来の時点から見た現在」の表現がもたらす余韻を味わってみてください。

例:
最終日は来たる23日。観客は感動のフィナーレを目にするだろう

修正後:
最終日は来たる23日。観客は感動のフィナーレを目にする

過去の出来事に現在形が使えるようになると、 途端にレポートの文末表現が楽になります。違和感が出ない使い方を体得しましょう。

5. 文型や段落単位重複に注意する

だんだん重複チェックのスケールを大きくしていきましょう。すると、「文型レベル」「段落レベル」でも、構造的なダブリを発見することができます。

1.文型レベルの重複

重複のある例:

昨日は具合が悪いといいながら、家でずっと過ごしてしまいました。翌日はもう治ったと笑いながら、会社で延々働いていました。

意図的にダブらせる必要がないのであれば、違う表現を探してバラしてあげましょう。なんとなくの重複からは、つたない印象が漂ってしまうものです。

2.段落レベルの重複

書くことに慣れてきたらころに起きやすいのが、段落レベルの重複です。

重複のある例:

新入社員のA君は職場の環境になれることができず、昨日は具合が悪いといいながら、家でずっと過ごしてしまいました。

一方、B君はA君が休んでしまった分の仕事を片付けながら、自分のノルマ達成に向けて昨日は会社で延々働いていました。

例文ほどまるごとの重複ではなくとも、接続詞で始まる段落が続いたり、段落末が同じ表現になっていたりすると目立つものです。

スケールの大きな重複は、読み手にそこはかとない疲労感を与えます。読んでいて、文字量の割に「長いなあ」と思う文章になってしまうので気を付けましょう。

参考資料:
新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング できるビジネスシリーズ


著者:唐木元(からき げん)

1974年東京都生まれ。株式会社ナターシャ取締役。大学在学中よりライターとして働き始める。卒業後は事務所「テキストとアイデア」を開設、雑誌を中心に執筆・編集の現場に従事した。2004年より編集者として、ライブドア・パブリッシング、幻冬舎、KI & Company(ジーノ編集部)と3つの出版社に勤務。2008年、株式会社ナターシャに参加し、編集長として「コミックナタリー」「おやつナタリー(終了)」「ナタリーストア」を立ち上げた。
参考:cakes