【テクニック編】文章を読んでもらえる工夫を追加しよう

参考資料:
新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング できるビジネスシリーズ


著者:唐木元(からき げん)

1974年東京都生まれ。株式会社ナターシャ取締役。大学在学中よりライターとして働き始める。卒業後は事務所「テキストとアイデア」を開設、雑誌を中心に執筆・編集の現場に従事した。2004年より編集者として、ライブドア・パブリッシング、幻冬舎、KI & Company(ジーノ編集部)と3つの出版社に勤務。2008年、株式会社ナターシャに参加し、編集長として「コミックナタリー」「おやつナタリー(終了)」「ナタリーストア」を立ち上げた。
参考:cakes

読んでもらう工夫

文章を伝える工夫は仕事の基本にも通じる

新人の文章がうまくなっていくのと並行して、その人の仕事ぶりそのものがメキメキと伸びていくのです。なぜでしょうか。

それはたぶん、ニュース記事もインタビューも、提案書もプレゼンもイベント企画も、実のところ作り方は一緒なので、ひとつのやり方を覚えると他のことにも応用が利くということです。

もしあなたがこの記事を読み、ヒントを得て実践してくださるとしたら、そのときは文章力にとどまらず、あなたの仕事力全体の向上が図れるであろうことを、最後に予告しておこうと思います。

具体的なエピソードを書く

オリジナリティは客観的な事実に宿る

プレスリリースや公式資料を読み込むことも立派な取材である、切り口を持てばオリジナリティのある記事になる、という話をしました。そうは言ってもメディアが乱立する今の時代、各社から同じネタで複数の記事が出ると、どうしても価値が薄まってしまうことは否めません。

そんな中でもっともポテンシャルを持った記事は、ライブや会見のレポート、現場取材もの、インタビューや独自コメントといった、そこでしか読めない文章。固有でオンリーワンな存在こそが、強く読者をひきつけ、メディアそのものの強度を上げてくれるといえましょう。

その文章でしか読めないこと、といっても難しく考える必要はありません。書き手のオリジナルな思想を書けと言っているわけではないのです。独自性はそこまで具体的に起きた事実やエピソードにこそ宿っていますから、見たり聞いたりしたありのままを書けば、何より強いオリジナリティが獲得できるのです。

「毎年1回神奈川でみんなで遊べる場を守っていきたいと心に決めました。これからも俺らと一緒に遊んでください」と口にしたMAHは、袖に居る共演者たちに「これからもみんなの肩借りていいですか? みんなの肩貸してください」と呼びかけた。

客観性を呼び込むために役立つのが、セリフや会話の引用です。

かぎかっこの中は書き手の言葉ではないので、なるべくその場で開いた通りの書き写さないといけません。多少文法的におかしなところがあっても、それは生の声として活かしたほうが望ましいでしょう。

客電は落ち、会場は真っ暗闇に包まれた。「トウキョウ〜!」と小沢の第一声が闇の中に響き渡る。割れんばかりの歓声がやまぬうち、1曲目「流れ星ビバップ」のイントロが始まった。イントロが終わっても、何ひとつ証明が焚かれる気配はない。歌は1番、2番と進み、とうとう真っ暗闇のままで1曲が終わってしまった。

ここでは、書き手の思想、感想は一切書かれていません。起きたことをカメラのように写し取っているだけです。しかしこうした事実の積み重ねが、臨場感を生み、それがそのまま読者の興味を引く、オリジナルな文章になっているのです。

思いは客観的事実の中に宿るもの、あえて声高にかきつけなくてもいい、むしろ書かないほうが読者に心を動かす、というのが私の考えです。

主観の押し付けは読者の白けさせる

ライブ当日は、待ちに待った彼らのデビュー30周年記念日。なんと約9年ぶりの日本武道館公演となったこの日、全国から1万1000人ものファンが集結し、バンドの”30歳”を祝った。

ボーカルのAは「今日が⚫⚫の30歳のバースデーになります!」と感動的な挨拶を披露。ファンは感激の渦に包まれた

感動を伝えたいときほど、「感動」「感激」といった類いの言葉を使うのは慎むべきです。主観的で熱量の高い言葉を使うのも控えましょう。書き手が盛り上がれば盛り上がるほど、読者を白けさせてしまうものです。

感動的な出来事は、客観的な状況を丁寧に描写するだけで伝わります。自分の感動を表現するのではなく、読者が感動を読み取れるように書くべきです。盛り上がるのは書き手ではなく読者の仕事だと認識してください。

「主観ではなく客観」「思い出はなく事実」を元に記述し、呼んだ人が自発的に「感動的だ」と感じてくれるような文章が理想です。

レイヴバンドの30周年記念ライブを伝えたものです。感動的な状況を伝えるため、「なんと」

といった主観的な驚きの表現や、「感動の渦に包まれた」といった紋切り方を使っていますが、過剰な表現は逆効果です。

以下の改善文では、過剰な表現を取り除き、事実を淡々と記述してみました。

ライブ当日は、彼らのデビュー30周年記念日。約9年ぶりの日本武道館公演となったこの日は全国から1万1000人のファンが集結し、バンドの”30歳”を祝った。

ボーカルのAは「今日が⚫⚫の30歳のバースデーになります!」と挨拶し、ファンから大きな拍手を浴びた

いかがでしょうか。「ファンから大きな拍手を浴びた」 は客観的事実ですが、ファンの感激を結果的に伝えています。

主観的な表現も客観的に自分を裏付けとセットで書けば、説得力のある表現になります。

「おいしい✕✕」という商品がありますが、感想を押し付けられると、美味しいかどうかは飲んだ人に気にさせて欲しいと白けてしまいますよね。

人物名で始めると目を引きやすい

5月30、31日に東京・東京ドームにてワンマンライブ「20th Anniversary FINAL GLAY in Tokyo Dome Miracle Music Hunt Forever」をGLAYが開催した。

GLAYが5月30、31日に東京・東京ドームにてワンマンライブ「20th Anniversary FINAL GLAY in Tokyo Dome Miracle Music Hunt Forever」を開催した。

これはあくまで経験則ですが、 文書のタイトルや書き出しは、人物名にすると目を引きやすい傾向があります。同じ固有名詞でも 、ヒト、コト、モノの際に注目される度合いが高まります。

人物名から始まるタイトルの方がPV(アクセス数)が高くなる傾向が顕著です。なぜ人物名を書き出しに配置すると強い注目が生まれるのか。裏付けがあるわけではありませんが、 人間には共感する対象を探しながら文章を読む性質があるのではないかと私は思っています。そのため、無生物より生物の方が共感しやすい性質を持っているのではないでしょうか。

なおタイトル付枠の部分が大きいため、方法論として確立するのはなかなか難しいと感じています。それでも読者の目を引くとつのテクニックとして、「人物名始まりはキャッチー」と覚えておいて損はないはずです。

あえて閉じた言葉で読者との距離を縮める

エヴァ脱出ゲームに参加しよう!

エヴァ脱出ゲームから逃げちゃダメだ!

君もマジンガーz に乗り込もう!

君もマジンガーz にバイルダー・オン!

業界用語や仲間内の符丁など「閉じた言葉」は極力使わず、 使う場合は説明を添えるべきです。それで基本なのは間違いないですが、上級者向けに全く逆にテクニックをお伝えしたいと思います。

特にカルチャー系のコンテンツの場合、「閉じた言葉」は、あえて使うことで特定の読者との距離感をピンポイントで縮める、親密さを醸成させるツールになってくれることがあります。

例文はどちらも、あえてアニメ作中のセリフを引用して、知っている人だけに伝わる、ある種の ”わかってる感” を織り込んでいます。アニメや漫画ならセリフ、音楽なら歌詞というように、ファンだけがわかる引用をすると、特典読者と強い関係性を築くことができます。

aiko の屋外ライブに参加してみては 。

aiko の夏の星座にぶら下がってみては

ただし使用する場合は、媒体と読者の属性をよくよく見極め、すべった独りよがりの表現にならないよう、細心の注意を払ってください。また「閉じた言葉」 の意味に気づかない人にも、ちゃんと意味が通じるようにすることが肝要です。

その作品を知らないと通じない「閉じた言葉」は、一種の共犯関係を仕掛けることができます。ただし多用は禁物、劇薬だと思ってください。

名詞と呼応する動詞を選ぶとこなれ感が出る

来週から渋谷パンテオンで映画「プレイタイム」が上映される

来週から渋谷パンテオンで映画「プレイタイム」が掛かる

名詞と動詞にはお互いを求め合うものが数多くあり、こういった限定的な関係性のことを「呼応する」と呼びます。多くの場合、汎用性の高い言葉を用いるより呼応する言葉を用いたほうが、こなれた表現になる傾向があります。

例えば軽口なら、「言う」でもいいですが「たたく」のほうが結びつきが強い、恋なら「始まる」より「落ちる」のほうが呼応しているといえるでしょう。

例文も「映画が上映される」はごく一般的な表現です。しかし人のセリフやレビューなどでこなれた感じを出したい時は「掛かる」という狭い言葉を使った方が、強い印象を残すはずです。

こういった表現は枚挙にいとまがありません。コーヒーや紅茶を作ることは「淹れる」と言いますし、抹茶の場合は「点てる」になります。洗濯機は「回す」、将棋なら「指す」、辞書なら「操る」。文章を書いたら、 呼応する動詞を持っている言葉がないか見直してみると、 もう一段レベルアップできるかもしれません。

ちなみに呼応の反対、最も汎用性の高い動詞が「(と)なる」です。あらゆる述語が「となる」「となった」で書けてしまいます。

高橋留美子の短編集「鏡が来た 高橋留美子短編集」が、7月17日に発売となる。収録されているのは、ビッグコミックや週刊少年サンデー(ともに小学館) に掲載された短編6作品となる。カラーページは雑誌掲載時のものの再現となった

高橋留美子の短編集「鏡が来た 高橋留美子短編集」が、7月17日に発売された。ビッグコミックや週刊少年サンデー(ともに小学館) に掲載された短編6作品を収録。カラーページは雑誌掲載時のものが再現されている。

原文は「となる」を多用した結果、曖昧な読み味になってしまいます。 それぞれを適切な固有に置き換えることで、より文脈がタイトに伝わるようになりました。

気を許すとすぐ対応しがちになりますので、「となりすぎ」にはご注意を。

手練れ感の出せる「呼応する動詞」ですが、使いすぎると寿司屋で「アガリ差し替えて」と通ぶる人のようにみっともなくなります。適度に。

数字を入れると具体性が増す

彼にとって久しぶりの野外ライブとなる。

彼にとって20年ぶりの野外ライブとなる。

日付、年代、時間、数量、大きさ、個数、価格など、数字で表現できる箇所は、できるだけ具体的な数字を入れたほうが、具体性が増し訴求力のある文章になります。なんらかの客観的な事実を述べる際に数字を使わないと、「かつて」「昔」といった相対的な名詞や、「早い」「遅い」などの形容詞が多くなり、文章にあいまいさが増していくものです。

またビジュアル的にも、かな、漢字に加えて数字が入るとバリエーションが出ますし、字面が明快な印象になります。なんでもかんでも数字を突っ込めばいいわけではないですが、使える数字が事実としてあるのなら、積極的に使用していきましょう。

数字などのデータを入れるとグッと具体性が増しますが同時にミスが発生しやすくなりますくれぐれも慎重に事実確認をしましょう。

参考資料:
新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング できるビジネスシリーズ


著者:唐木元(からき げん)

1974年東京都生まれ。株式会社ナターシャ取締役。大学在学中よりライターとして働き始める。卒業後は事務所「テキストとアイデア」を開設、雑誌を中心に執筆・編集の現場に従事した。2004年より編集者として、ライブドア・パブリッシング、幻冬舎、KI & Company(ジーノ編集部)と3つの出版社に勤務。2008年、株式会社ナターシャに参加し、編集長として「コミックナタリー」「おやつナタリー(終了)」「ナタリーストア」を立ち上げた。
参考:cakes