【WindowsにPHP動作環境を作る】XAMPPの導入方法

PHP を動作させるにはモジュールのインストールが必要

PHPを記述するにあたってはPHPが動作する環境が必要になります。
PHPを動作させるには PHP のモジュールというものを Windows などにインストールする方法もありますが、ここではXAMPPというこのソフトウェアをインストールすることによって PHP のモジュールをインストールすることにしましょう。

モジュール:XAMPPとは?XAMPPの設定手順

このXAMPPというソフトは PHP の他にApacheという Web サーバーのソフトでそして Maria DB というデータベースのソフトそして PHP のモジュールと Peal というプログラミング言語のモジュールをセットで入れることができます。

この中で今回のこの記事ではApache と Maria DB と PHP を利用してご紹介していきます。
ではこのXAMPPというキーワードで検索などをしてXAMPPのウェブサイトにアクセスします


そして Windows 向けまたは OS X 向けがありますので、自分の環境に合ったものを選んでいきましょう。
ここでは Windows 向けを選びます。


するとこのようにソフトのダウンロードが始まりますので、ダウンロードが完了するのをお待ち、出来上がったソフトウェアをダブルクリックしていきます。

まずここで警告が一つ表示されます。


これはXAMPPを C ドライブの「Program Files」中にインストールしようとするとAccess Control によって、うまく動作しなくなってしまうのでそれ以外のフォルダにインストールをするか、もしくはこの Access Control をセットアップしてくださいという警告です。
簡単なのはこの「Program Files」というフォルダ以外の場所にインストールする方法ですので、ここでは OK を押して次のインストール先を選ぶ画面

ここでインストール先を「Program Files」以外の場所に指定すると良いでしょう。

ではまず戻って Welcome 画面から始めていきます。


「Next」 をクリックするとインストールするモジュールを選ぶことができます。

すべてを選んでも構いませんがこの記事の紹介で必要なのは

  • 「Apache」
  • 「MySQL」
  • 「PHP」
  • 「phpMyAdmin」

というツールになりますので、このチェックに合わせても良いでしょう。

  • FTP のサーバーである「FileZilla」
  • メールのサーバーである「Mercury Mail Server」
  •  JAVA のモジュールである「Tomcat」
  • 「Perl」 言語
  • 「 Webanalyzer 」
  • 「 Fake Sendmail 」

これらは必要ありません。

ではこれで「Next」ボタンを押します。


次にインストール先です。
インストール先は標準では C ドライブの直下に「XAMPP」というフォルダを作成するとなっています。

先ほどの通り、「Program Files」以外の場所であればお好きなところに作って良いでしょう。
今回の場合は「Next」ボタンを押します。


そして、「Next」ボタンをクリックして、さらに「Next」ボタンをクリックすると、これでインストール作業が始まります。

このまましばらく待ちましょう。

セットアップが終了するとこのような画面が表示されます。

そして 「Do you want to start The Control Panel now」ということで、今起動しますかというメッセージが出ますので、このチェックはつけたままにしてください。

「Finish」をクリックすると、まず「Language」を選ぶことができます。
ここでは英語を選びましょう。


「Save」ボタンをクリックします。

するとこのように XAMPP のコントロールパネルというソフトが起動しました。
XAMPP コントロールパネルでは様々なソフトを起動することができます。


ここでは Apache という Web サーバーのソフトと MySQL というデータベースのソフトを起動して行きますので、その隣にあるスタートボタンをクリックしていきましょう。

こうして Apache と MySQL 両方の背景が緑色になったら正しくソフトが動作しています。
これで PHP の記述を始めることができます。

ただし、もしかしたら環境によっては「Apache」の部分が緑にならず赤や黄色になる場合があります。
そしてここに英語でエラーメッセージが表示されるのですが、ほとんどの場合この「Apache」が初回に起動しないのは「Port」という部分が他のソフトとぶつかってしまっているために発生している問題です。
そこでここでは全ての型をこの「Port」の部分を変更して記述を進めていくようにしましょう。
一度ここが緑で正常に起動した方も「Stop」ボタンを押して Apache と MySQL を終了してください。

そして一番右上にある「 config」 ボタンをクリックします。


そして「service&port settings」というボタンをクリックしましょう。


するとこのようなウィンドウが表示され、「Apache」というTabの所にメインポート80 SSL ポートが443となっています。

この80というPortが様々なソフトで使われることがあり、ぶつかることが多いので8888に変更しておきたいと思います。

これで「Save」をクリックしましょう。


さらに「Save」をします。
もう一つ設定が必要です。

次に「 Apache 」の右にある「 config」 ボタンをクリックしましょう。


そして一番上にある 「 Apache httpd.conf」というメニューをクリックします。


するとこのようにメモ帳が起動します。

ここには Apache の様々な設定が書かれているんですが、この中にもPortの80という数字が書き込まれているのでそれを直しています。

例えば少しスクロールをするとここに「Listen 80」と書かれています。
なおその上にも「Listen 12.34…….80」書かれていますが、この行は先頭が「#」で始まっています。

この「#」はコメントという意味で、ここではこれは設定の無いようではありませんのでここは無視して構いません。
ですので先頭が「#」で始まっていない listen の80
この部分を8888に変更します。


これでファイルを保存してメモ帳を閉じましょう。

そして「 Apache 」のスタートボタンをクリックします。
すると 先ほどまで80だったのが8888に変わっています。


そして緑で起動していますか、先ほどまで赤や黄色で起動しなかった方もこれなら起動しているかもしれません。

MySQLもスタートボタンをクリックします。
そしてこのXAMPPが正しく起動していることを確認します。

「Apach」の右側にある「Admin」ボタンこれをクリックしてください。


すると、XAMPP + Apache + Maria DB + PHP +Perlというこういったウェブページが表示されます。

これはこのXAMPPに搭載されている Apache が Web サーバーとなりこのWebページを配信しているということです。アドレスを見ると「http://localhost:8888/dashboard/」という URL になっています。

この「 localhost 」というのは特別な URL で自分自身のコンピューターを指します。
そしてコロン( : )の後の8888というのはPort番号のことです。

普段私たちは例えば「tabelog.com」といったような URL を打ち込んでWenページを閲覧します。
この時の「tabelog.com」これがドメイン名となります。

ここでいう「 localhost 」です。
この時、アドレスの最後にコロン( : )80とつけてアクセスをすると、これでも閲覧することができます。
実はドメインの最後にはコロン( : ) 80 もしくはコロン( : ) 443 という Port 番号が省略されているんです。そのデフォルトの Port 番号というのが 80 だったのですが、それがぶつかる原因となっていたのでここではコロン( : )8888 とポート番号を変えました。

その時はアドレスの最後に「: 8888」 と入れなければいけません。
最後に「/dashboard/」とパスを記述して、この Web ページが表示されているということです。

これで XAMPP のセットアップが完了しました。
この XAMPP が準備した Apach のフォルダーにこれからファイルを作成しながら PHP を記述していきましょう。

PHP 記述するときは常にこの XAMPP コントロールパネルを起動して Apache と MySQL のスタートボタンを押すようにしてください。