PHP開発環境を整えよう。(エディター編)

PHP の学習を始めるにあたって、まずは開発しやすい環境というのを作るのも大切です。

ここではエディターソフトをインストールして開発環境を整える手順をご紹介していきましょう。

エディターソフトは通常 Windows にはメモ帳、 Mac OS にはテキストエディットというソフトがインストールされていますが、どちらのソフトも開発にはあまり適していません。

そこでここでは、新しく Visual Studio Code というエディターソフトをインストールしておきたいと思います。

こちらのソフトはマイクロソフトが開発したテキストエディターですが、無償で利用することができ、 PHP に限らず JavaScript や HTML などの開発に適していますのでこちらをインストールしておくと便利でしょう。

では、Visual Studio Code で検索をしてこちらの Web サイトにアクセスします。

すると環境に併せたダウンロードボタンが表示されますので、こちらのボタンをクリックしてファイルをダウンロードしておきましょう。

そしたらセットアッププログラムをダブルクリックして起動します。

セットアッププログラムが起動したら次へボタンをクリックしてそしてへライセンスを確認して同意するをクリックします。

そしてこちらのセットアップホルダーをセットして次へボタンをクリックしましょう。

さらに次へをクリックします。

そしてここでひとつ設定を変更しておきましょう。

追加タスクの選択というところで通常パスへの追加という部分だけにチェックがついていますが、ここで

「エクスプローラーのファイルコンテキストメニューに[codeで開く]アクションを追加する」

同じく

「エクスプローラーのディレクトリコンテキストメニューに[codeで開く]アクションを追加する」

こちらもチェック。

そして、

「サポートされているファイルの種類のエディターとして、codeを登録する」

これらにチェックを加えておくと後で便利に使うことができますので、こちらをチェックしておきましょう。

次へをクリックします。

そしてインストールボタンをクリックしてしばらく待ちましょう。

これでセットアップが完了しました。

Visual Studio Code 実行するにチェックが付いているのでこのまま完了をクリックします。

これで Visual Studio code が起動しました。

※もしかしたら色などは少し異なるかもしれませんがその辺りはバージョンなどによって異なりますので気にしないで大丈夫です。

また、自分でテーマなどを変更して色などを好みに変更することができますので好みに応じて使い分けると良いでしょう。

なおここで、通常セットアップをすると、こちら英語版のソフトになります。

このまま使うこともできますが、少し英語が苦手などという場合には日本語版にすることもできます。

日本語版にする場合にはまずは拡張機能というのを追加しますので、メニューバーの「View」にある「Extensions」拡張機能というボタンをクリックしてください。

すると左側にこのように「Extensions」という拡張機能のウインドウが表示されます。

のでここでジャパニーズと入力してください。

すると japanese language pack という日本語というものが表示されますのでこちらをクリックします。

そしてインストールをクリックしましょう。

インストールが完了すると日本語で利用するためには再起動が必要ですので、再起動すれば日本語版の Visual Studio code が起動しますのでこちらで使っていきましょう。