Pythonの演算子・代入演算子 | Pythonが気になる方へ

前回にて変数と型の説明をしました。今回は数値計算の演算子を解説します。

数値計算の演算子

Pythonには次のような数値計算のための演算子があります。

まず

数値の代入
a=7
b=3
変数aとbに数値を代入したものを用意します。

まずプラス(+)の演算子を使っています。
aとbの間に+を置くことでaとbを足すことができます。

そして足した結果をcに代入して、そのcの値をプリントします。

足し算
c = a + b

このようにカンマで区切ることによって、複数の値を並べてプリントすることができます。
この場合はこちらの文字列と変数cの値を並べて表示します。

同様にマイナス(-)の演算子は引き算を計算します。

引き算
d = a - b

この場合はaの値からbの値を引きます。

そしてアスタリスク(*)の演算子はaとbをかけます。

掛け算
e = a * b

スラッシュ(/)の演算子はaをbで割ります。

割り算(小数)
f = a / b

この場合、結果は小数になります。
またスラッシュ(/)を2つ重ねた演算子は同様にaをbで割りますが、この場合結果は整数になります。

割り算(整数)
g = a // b

※小数点以下は切り捨てになります。

パーセント(%)の演算子は余りを計算します。

余りを計算
h = a % b

aをbで割ったときの余りを整数で得ることができます。

そして*を2つ重ねた演算子はべき乗を計算します。

べき乗計算
i = b ** 3

この場合はbの値の3乗を計算します。
実行したものが以下になります。

このように3と7を足した結果が11
引いた結果が4
かけた結果が21
割った結果を小数にしたものが2.33333
割った結果を整数にしたものが2
あまりが1
べき乗すなわちbの3乗は27になりました。

このようにPythonでは演算子を用いて様々な数値計算を行うことができます。

今回は数値計算の演算子を解説しました。
代入演算子を使ってコード上での計算に慣れていきましょう。

代入演算子

続いて、代入演算子を解説します。
イコール(=)の左側に変数を、右側に値を置くと、変数に値が代入されます。

Python
# 代入する
a = 5
print(a)

実行すると5がプリントされます。

このイコール(=)のような演算子を代入演算子と言います。

代入演算子には他にも次のようなものがあります。

変数a,bを用意
a = 7; b = 3
このようにセミコロンで区切ることによってくれらを縦横に並べることができます。
まずこの+=の演算子は足して代入する演算子です。
aの値にbの値を足してその値をaに代入しています。
足して代入する
a += b
そして-=の演算子は引いて代入する演算子です。
aの値からbの値を引いてその値をaに代入します。
引いて代入する
a -= b

*と=の演算子はかけて代入する演算子です。
aとbをかけても値を代入します。

かけて代入する
a *= b

/= の演算子は割って代入する演算子で、この場合結果は小数になります。
aをbで割ってその結果をaに代入します。

割って代入する(小数)
a /= b
こちらのスラッシュ(/)が2つとイコール(=)の演算子は割って代入する演算子で、この場合結果は整数になります。
割って代入する(整数)
a //= b

そして、%=の演算子は余りを代入する演算子です。
aをbで割った余りをaに代入します。

余りを代入する
a %= b

アスタリスク(*)の2つとイコール(=)の演算子はべき乗を代入する演算子です。
aにはaのb乗が代入されます。

実行したものが以下になります。

aにはこのような値が代入されたことがわかります。

aとbを足したものと、aとbの差aとbをかけたものとaをbで割ったもののそれぞれ小数と整数があります。
そしてaをbで割った余りとaのb乗を見ることができましたの場合7の3乗なので結果は343ですね。
このように代入演算子を使うことで様々な型で変数に代入を行うことができます。

今回は代入演算子を解説しました実際にコードを書いて次第にプログラムに慣れていきましょう。