Jupyter Notebookの使い方を覚えればPythonを使いこなせるのか?

前回Python環境構築のためのJupyter Notebook導入をお伝えしたので、今回はJupyter Notebookの使い方を解説していきます。
Anaconda-Navigatorを立ち上げてJupyter Notebookを立ち上げましょう。


Jupyter Notebookが立ち上がりました。
それでは一緒に手を動かしてJupyter Notebookに慣れていきましょう。

 

新しくフォルダの作成

現在ホームフォルダが表示されていますがお好きな場所を選択して新しくフォルダを作りましょう。
Newの「Folder」を選択します。

フォルダ名をリネーム

あらたに「Untitled_Folder」という名前のフォルダが加わりますので選択してい「Rename」を選択します。

今回はフォルダ名を「notebook_training」とします。
「notebook_training」という名前のフォルダができましたので選択します。

新規Pythonファイルの作成

ここに新しくJupyter Notebookのファイルを作ります。

NewのPython3を選択します。


Jupyter Notebookのファイルが開きました。

 

ファイル名をリネーム

それではまずNotebookの名前を変更しましょう。
「Untitled」と書かれているところをクリックします。

そして名前を「Training」に変更しましょう。


「Rename」をクリックして名前が変更されましたJupyter Notebookではコードをセルというものの中に書きます。

 

初めてコードを書いてみる

デフォルトでセルが一つ配置されていますのでこれを使ってとても簡単なコードを書いてみましょう。
セルを選択した状態で「1+2」と書きます。


そして実行ボタンをクリックします。

クリックすると計算結果の3が表示されます。


実行した結果新たにセルが追加されましたセルの追加はこちらの「+」のボタンでも行うことができます。
クリックすると新たにセルが追加されます。

セルの削除

セルを削除する場合はeditの「Delete Cells」を選択します。


セルが削除されました。それでは最初のセルにコードを追記してみましょう。
1+2+3とします。そして今回はこちらの実行ボタンをクリックする代わりにキーボードのShiftを押しながらEnterもしくはReturnを押します。
すると結果が表示されました。


このようにセルの中のコードを実行する際は実行ボタンをクリックしても良いのですがキーボードのShiftを押しながらEnterもしくはReturnボタンをタップすることで簡単に実行することもできます。

2つ目のコード

それでは次のセルに別のコードを書いてみましょう。

Python
print("Hello world!")

Shiftを押しながらEnterもしくはReturnボタンを押して実行するとこのように「Hello world!」と表示されました。


このようにセルの中にコードを書いてセル単位で実行することができます。

 

MarkDownでコメントの記述方法

それでは次にMarkDownという記述方法を使って文を書いていきます。

一番下のセルを選択し、こちらで「Code」ではなくて「Markdown」を選択しましょう。


その上でセルの中に「#」などを書いて以下のように書いてみましょう。

Markdown

# これがプログラミングです。
## これがPythonです。
### これがJupyter Notebookです。
- ペン
- パイナップル
- アップル

それでは実行します。

このように文が表示されました先頭にシャープがついていると見出しになります。
シャープの数が少ないほど大きな見出しになります。

そして先頭に- をつけることで箇条書きリストを書くことができます。
このようにMarkdown記法を載せるを使うことで分かりやすい解説をコードとコードの間に挟むことが可能です。
Markdownには他にも様々な表記がありますので興味のある方は各自調べてみてくださいね。

なお選択したセルはこちらの矢印のボタンで上下に移動することができます。

全てのセルの処理をまとめて実行

全てのセルの処理をまとめて実行したい場合は「Kernel」の「Restart & Run All」を選択します。
全てのセルを再び実行していいか聞かれますので「Restart and Run All Cells」を選択します。


すると上のセルから順番に処理が実行されましたなおNotebookにはEditモードとcommandモードがあります。
各セルの中身を編集している際はEditモードでそれ以外の場合はcommandモードです。
それらの切り替えはエスケープ及びEnterで行うことができます。
それではエスケープを押してコマンドモードにしてみましょう。

ショートカットの一覧

キーボードのエスケープを押した上でキーボードのHを押してみましょう。
するとショートカットの一覧が表示されます。
先ほどセルを実行するために用いたショートカットの一覧が表示されています。

下の方にはEditモードのショートカットもあります。
ショートカットをうまく使えばキーボードのみでもNotebookを操作可能ですので興味のある方は試してみてくださいね。

もちろんマウスやトラックパッドとカーソルを使った操作でも問題ありません。
今回はJupyter Notebookの使い方を解説しました。

次の記事以降では主にこのJupyter Notebookを使ってPythonのコードを解説していきます。