データサイエンスを学んでいこう!

成り立ちと現在

ビジネスの世界でも無視できなくなっている領域としてデータサイエンスが存在しています。

これからのビジネスではデータサイエンスを使った能力は必須になってくると考えられています。
毎日のように新聞やテレビ、インターネットで数多くの特集が組まれています。ビッグデータ、人工知能というキーワードも耳にしない日はないでしょう。

しかし具体的に何ができるのかどのように役に立つのか知っているとはあまりにいないように思われます。

そもそもデータサイエンスとは

学問的にはデータの収集や加工解析を行う学問とされています。
しかし現場のビジネスではひとつの要素のみが対象となっているとは限りません。

データ処理、統計プログラミング言語、ビジネスの要素を組み合わせることによってデータ内のパターン因果関係を発見することができたり、未知の事象を予測することができるになります。

日頃、目にするデータサイエンスの事例

日頃の身近な生活でデータサイエンスを利用したサービスにはどう行っても分かるでしょうか?

例えば、

Google で検索ワード入力すると検索窓の下に 第2候補キーワードの予測を表示し、ユーザーの入力のストレスを軽減したりしています。(一般的なサジェスト機能のこと)

Amazonなどのオンラインショップでは 過去に商品を買ったり、またはそのページを閲覧した行動履歴から購買意欲を持っている商品の関連性を把握できます。
商品をおすすめ商品として表示しています。これによって私たちは快適なショッピング体験
を楽しむことができています。

Facebookではアップロードした画像読み取り、学習していくことで過去どういう友達とどこで一緒に時間を過ごしとかをログを取るようにしています。このデータを活用して写真をアップロードした際にタグ付けする友達をワードで検索しなくても済むように煩らしさを解消しています。


引用元:Facebook、“ほぼ人間レベル”の顔認識技術「DeepFace」を発表

私たちの生活には深く関わっており、日々の恩恵をたくさん受けています。

 

データサイエンスの注目度

それではデータサイエンスは実際どれくらい注目されているのでしょうか?
Google トレンドに「data science」で検索してみた結果
https://trends.google.co.jp/trends/explore?date=today%205-y&geo=JP&q=data%20science

2012年10月号のハーバードビジネスレビューについてデータサイエンスについて記事特集が組まれたことがきっかけの一つになりました。

「データサイエンス」はバズワードとなり、多くのメディアで取り扱われるようになっています。

それには現在なぜこれほどまでにデータサイエンスが広がりつつあるのでしょうか?

データサイエンスが発達した背景

  • インターネットを活用したビジネスが普及し様々なデータが蓄積されるようになった社会的背景
  • 位置情報など様々なデータが取得できる端末、スマートフォン・タブレット端末の普及
  • SNS の普及による個人的なデータ(性別・年齢・居住地・趣味・人間関係など)の増加
  • オンラインだけでなく、電車で利用するスイカなどの IC カードやコンビニの POS データやポイントカード
    このように日常生活で様々なデータが収集されており、今後もさらにその傾向は強くなっていくでしょう。

データ解析を行うコンピューター技術の発達

コンピューターの性能の向上

データ取得を行うセンサーの価格低下に伴うハードウェア製作コストの減少

システム面での変化 

これまでいざ、データを扱おうとする際に、自社で独自にシステムを構築し、運用管理にスタッフや機器を整備する必要がありました。これが膨大なコストを使用しており、巨大な研究施設や大手企業でないと運用を維持できませんでした。

しかし「クラウド」の登場によりベンチャーや個人でも大規模なデータを安価なコストで取り扱えるようになりました。

このような技術的な背景や社会的な背景によって、 企業の課題解決や未来予測効率化が今後も期待されている技術の基礎となっているのがデータサイエンスとなっております。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE