統計学をITビジネスに活かすことがトレンド

ITビジネスにおいて、統計学の需要は高まっています。
インターネットの普及により、ビジネスに利用される通信機器などが発達し、企業が収集できるデータの量は飛躍的に増大しました。

様々なデータ

また、蓄積していくデータの種類も豊富です。
そういった大量のデータであるビッグデータを利用するために、統計学などの専門的な知識は不可欠でしょう。
もしこれから個人で勉強を図り、新たな技術的なノウハウや知識を取り入れようと考えているのなら、統計学がおすすめです。
企業活動のデジタル化が進み、その大量のデータを利益に繋げるべく、様々なデータ分析が試みられています。
それは特定の業種だけではありません。

例えば自動車メーカーであれば、膨大な走行データを統計学などを用いて解析することで、車の安全性を高めることに利用しています。
また、走行データの解析は、車に関する技術のイノベーションを起こすきっかけに繋がることもあります。
他にも、小売業であれば店舗ごとの各商品の売れ行きのデータから、購入者のニーズを分析して、商品開発に活かすことができるでしょう。

購入者のデータもあるのであれば、購入者層に合わせたプロモーションを考える判断材料にすることもできます。
最も広く認知されているのは、ソーシャルメディアを統計学でデータ分析して利用する方法でしょう。
誰もが参加できるソーシャルメディアでは日々大量の情報がやり取りされています。
その大量のデータを解析することで、消費者のニーズや本音を探ることができます。

データを活用するためには

これまでのインターネットは、人間がパソコンやスマートフォンを使用して、能動的に利用しなければなりませんでした。
しかし、デジタル社会の実現が進む現在、様々な物同士がインターネットに接続されて情報交換する仕組みが広がりつつあります。
中には、多くの人がインターネットに繋がるとは思いもしなかった物もあるのです。
今では走行中の自動車が渋滞の情報を共有し、最適な経路案内をする仕組みさえあります。
他にも、ボタン型のデバイスを押すだけで日用品を簡単にオンライン注文できる仕組みも誕生しました。

このように物と物との関係性がインターネットを通じて強化され、やり取りするデータ量が膨大となっているため、統計学を活かすことが重要視され始めているのです。
大量のデータを手に入れるだけでは、ビジネスに活かすことはできません。
入手した大量のデータを分析したり、集約したりして、初めてビジネスに活用することができるのです。
データを活用するためのスキルの需要が高まっているのはそのためです。

統計学などの技法を使って、データをビジネスに活かすという考え方自体は新たに誕生したものではありません。
昔から存在したものです。
しかし、扱うデータの量が爆発的に増大したことと、扱うデータの質が変化したことが要因となり、注目を集め出しました。
データの質の変化は、データ量の増大ほど話題にならない傾向がありますが、こちらも重要な要素です。
例えば、大手通販サイトでは、購入履歴というデータを蓄積していくことで、自動的にユーザーに合わせた商品を推薦しています。
これはデータの質が上がり、個人の嗜好までわかるようになったから可能となったことです。

ITビジネスのイノベーションに統計学が関わっていることは少なくありません。
ただ大量の情報を自社のデータベースにため込むだけでなく、データの山を解析して、ビジネスに活用した企業が技術革新を行えているのです。
そうしたことの行えるプロフェッショナルな人材は、様々な業界で必要とされています。

統計学でできること

統計学でできることは大きく分ければ3つ存在します。

  1. 膨大なデータの値を1つの値に集約することです。
    例えば平均値などがそれに当たります。
  2. データ分析することで比較を容易にすることです。
    例えばAという商品とBという商品の売り上げの比較を行い、次の新商品をどうするかといった検討をすることができます。
  3. 将来の傾向を予測することです。
    統計によって出された結果から今後どのように行動したら最適かを考えることができます。

こうしたデータ分析はいきなりできるものではありません。
統計学の知識と手法があるからこそ、ビジネスに活かすことができるのです。
蓄積された膨大なデータを適切に活用するためには統計学が必要です。
今後もデジタル社会が進むと予測される以上、統計学の需要もますます高まっていくことでしょう。