あなたの記事が読まれないシンプルな理由と今日からできる解決策

記事が読まれなくてお悩みですか?

結論から言いますと、あなたの記事が読まれない理由はシンプルに「タイトルと導入文が弱い」からです。

どんなに中身の濃い文章でも、タイトルと導入文で読者の心をがっしりと掴まなければ読まれることはありません。

読まれる記事とは、タイトルで読者の心を引きつけて、導入文でグサッと心に刺さるイメージで読者の心を鷲掴みにする記事です。

Yahoo!ニュースの見出しや、フライデーなどの雑誌の表紙がとてもわかりやすい例で、読者がつい手に取ってしまいたくなるような魅力的なタイトルや導入文があるからこそ多くの人に読まれていますよね。

今回は、記事が読まれなくてお悩みのあなたへ向けて、今日からできる改善策として読者の心に刺さるタイトルと導入文の作り方、例文を紹介していきます。

心に刺さるタイトルの作り方

読者は悩みやコンプレックスを抱えています。

タイトルを見て「うわ…これ私じゃん!」「なんだろう?気になるな…」と思わせましょう。

あなたが言いたいことを書くことももちろん大切ですが、「読者の悩みを解決するための提案をする」という視点が必要です。

例えば、この記事を読んでいるあなたの悩みは「記事が読まれない」ことですよね。

その悩みを持つ人が、ついクリックしてしたくなるタイトルを考え、さらに心理学を用いたテクニックを織り交ぜると、読者の心に刺さるタイトルができあがります。

それでは、筆者が実際に使っているタイトル作成の3ステップを紹介していきましょう。

1.読者ターゲットを絞る

まず、誰に向けて作成する記事かを明確にしましょう

読者を絞って、悩みに寄り添える文章を書くことで、読者の心に刺さるタイトルが作成できます。

逆に、多くの人に記事を届けようとすると、具体性に欠けた内容の浅い記事になってしまい、結果的に多くの人に届いたとしても、読者の悩みを解決することができません。

理想は「結婚式で新婦が両親へ宛てた手紙」です

ターゲットが明確な上、関係ない人も自分の経験との共通点を見出して共感します。

ポイントは、ターゲットの悩みや経験にフォーカスすることです。

2.キーワードを設定する

ターゲットが決まったら、キーワードを設定し伝えたい内容を明確にします。

キーワードは1~3個が最適です。

一般的には、1番目に強調したい単語の出現率を5%前後、2番目に強調したい単語の出現率を4%前後に、3番目に強調したい単語の出現率を3%前後にするのが良いといわれています。

キーワードの出現率を工夫するには、こちらの記事でご紹介した「10.ファンキーレイティング」がおすすめです。

3.テンプレートに当てはめる

ターゲット、キーワードが決まったらテンプレートに当てはめてタイトルを決めましょう。

細かい解説は省きますがテンプレートには心理学のテクニックを用いて読者の心をつかむ仕掛けを織り交ぜています。

テンプレートとは「基本の形」で、どんどん活用していきましょう。

タイトルテンプレート集

【〇〇できる+数字+方法】

例:年収アップし出世できる3つの読書法

【〇〇が解決する+商品名+とは?】

例:給料日前の金欠を解決する「ABC」とは?

【「A」と「B」の違いとは?】

例:「金持ち父さん」と「貧乏父さん」の違いとは?

【〇〇あるある+BEST+数字】

例:就活で心が折れそうになる瞬間あるあるBEST10

【専門性のあるワード+数字+理由】

例:メルカリ上場で転売市場が潤う3つの理由

【〇〇してはいけない+数字+理由とは?】

例:年収を上げるために読書をしてはいけない5つの理由とは?

【誰が+何を+してみた】

例:88歳・米寿のおばあちゃんがSNS情報発信してみた

心に刺さる導入文の作り方

導入文とは「記事の最初で使われる読者を引き込むための文章」のことです。

書籍でいうと前書きにあたる部分ですね。

特にweb上の記事は「流し読み」されるのが当たり前なので、記事の頭にある導入文でしっかり読者の心を掴む必要があります。

なので、導入文で読者に「この記事は〇〇な人向けで、読むとこんなメリットがありますよ」とアピールしましょう。

導入文に最低限必要な情報は3つ

  1. ターゲットはどんな人か
  2. 記事を読んで得られるメリット
  3. 記事の結論

「読書をしない人に向けての記事で、読書のメリットを伝えて本を購入させる」という設定で、それぞれ解説していきます。

1.ターゲットはどんな人か

「読書をした方が良いってよく聞くけど、イマイチ気がすすまない…。」と思った経験はありませんか?

・読書の何が良いかわからない

・どんな本を読めばいいかわからない

・本を読む時間がない

このようにお悩みの方は多いはず。

この文章は、ターゲットは誰かを説明する役割を持ちます。

読書をしない人にありがちな例を並べて共感を持たせ、同じ悩みを持つターゲットに投げかけます。

2.記事を読んで得られるメリット

実は読書をする人としない人では、コミュニケーション能力やストレス耐性に大きな差があることを証明する研究があります。(もちろん読書をする人の方が優位です)

読書をすることで、知識や教養が身につくだけでなく、生活までも変えてしまうんですね。

最近は電子書籍やnoteといった形で、読書の形が多様化してきています。

紙媒体にこだわる必要もなくなりそうですね。

読書はなぜ良いかを説明する文章です。

結論へ続く前振りの役割もしています。

3.記事の結論

この記事では、科学的に証明されている読書のメリットと、私が個人的におススメする書籍をご紹介いたします。

読書をして生活が豊かになると、ますます読書が楽しくなりますよ。

では、早速見ていきましょう!

記事の結論です。

読書をすると生活が豊かになり、ますます読書が楽しめるという良い循環ができる結論になっていますね。

以上が導入文の作り方となります。

例文はブログ記事を作成するという前提で書いていますが、プラットフォーム毎に分量を調整して下さい。

ポイントは「必要な情報を入れて、無駄を徹底的に削る」ということです。

シンプルな文章の方が読みやすいですからね。

 

最後に例文をつなげた導入文を載せるので参考にしてみて下さい。

「読書をした方が良いってよく聞くけど、イマイチ気がすすまない…。」と思った経験はありませんか?

・読書の何が良いかわからない

・どんな本を読めばいいかわからない

・本を読む時間がない

このようにお悩みの方は多いはず。

実は読者をする人としない人では、コミュニケーション能力やストレス耐性に大きな差があることを証明する研究があります。(もちろん読書をする人の方が優位です)

読書をすることで、知識や教養が身につくだけでなく、生活までも変えてしまうんですね。

最近は電子書籍やnoteといった形で、読書の形が多様化してきています。

紙媒体にこだわる必要もなくなりそうですね。

この記事では、科学的に証明されている読書のメリットと、私が個人的におススメする書籍をご紹介いたします。

読書をして生活が豊かになると、ますます読書が楽しくなりますよ。

では、早速見ていきましょう!

まとめ

まとめておきますと

  • 記事が読まれるかどうかの8割は「タイトル+導入文」で決まる
  • タイトルの作成方法は
    • 1.ターゲットはどんな人か
    • 2.キーワードを設定する
    • 3.テンプレートに当てはめる
  • 導入文に最低限必要な情報は
    • 1.ターゲットはどんな人か
    • 2.記事を読んで得られるメリット
    • 3.記事の結論

このような点を意識して実践すればあなたの記事はより多くの人に読まれるようになります。

ぜひお試しください。