つぶやきのテクニック | あなたに会った Twitter 活用術 | 要約 | 3

前回の記事の続き

参考資料:

あなたに合ったTwitter活用術 ~ 無限に使い方があるTwitterを使いこなすためのノウハウ ~

著者:西田 一見 

制作: ラムゼス

 

つぶやきのテクニック

Twitterが実は海外英語よりも日本の方が役立つと言うか便利です。日本語は漢字で短くなりますからね。

Twitterでのつぶやきのテクニックについて説明します。

簡単に言うと意見を述べる広告をしましょう

自分の感情意見を混ぜながら報告していくことが重要なテクニックです。

「このラーメンすごく美味しかった!」と感情入れてツイートするのか、「ここのラーメンは○○円 行けばいいよ!」と広告広告してつぶやくのか

ここが好かれるか嫌われるかの境目です。いつも私が言っているのは広告するならば10回に1回この程度の広告ならば許してもらえます。

それに10回に1回くらい写真をアップするといいでしょう。ただ、10回中10回写真をアップすると嫌われます。

なぜかと言うとTwitterというのは元々文字ラインの媒体だからです。毎度毎度写真をアップされると面倒なんです。

またTwitterが面白いのは自分のツイートのみならず相手のリアクションに返すだけでTwitterのタイムラインが出来上がることです。

自分独自のつぶやきを全くしなくても他者に返信なりリアクションなりしているだけでTwitterが出来上がってしまうというシステムで、リプライのみの使い方もあるし、他の人には「この人は返してくれるんだなー。。。」というのが見えるから、「よし!何かリアクションしてみようか!」となります。

これも一つのテクニックですね。

もはや「〇〇ナウはNG」に

〇〇ナウというのは通用はするんですが、これからツイッター慣れしてくる人が増えてくるとそんなツイートは見たくないとなってくるでしょう。

既に海外ではそういうつぶやきがほとんどなくなっています。

それでも「おはようございます。」と呟く場合にはその挨拶の後に何か一文入れましょう。

Twitterをやっている人って自分が何をつぶやくかばかり考えているので、自分が呟いたことに対しては結構無頓着である場合が多いです。

だから、定期的に自分のタイムラインは見た方がいいですね。

見るとおはようだけ呟いているような人は「おはよう」「おやすみ」の挨拶ツイートだけになっていることがあります。

それが人から見られているわけでそういうツイートばかりしていると人からフォローされるわけがありません。

その確認作業は絶対に必要なのに気づいていない人が結構多いのです。

まとめると自分の価値を下げるような以下の3つのつぶやきはなるべく避けるようにする

  1. 挨拶系
  2. 場所系
  3. プライベート系

これらのつぶやきには今後注意が必要です。

140字のつぶやきで、自分の脳も少しずつ切って出しているのがTwitter

それこそ意識しないと人は嘘はつけませんから、つぶやきをまとめてみるとその人の性格が出てしまいます。

だから、沢山つぶやけばつぶやくほど、綺麗事かっこいいことを言っていてもすぐにバレてしまいます

嘘がつけないのもTwitterの特徴です。

 

営業マンこそツイッターを始めるべき

企業だとQ&A方式や商品説明のような使い方をします。

経営者はその会社が見えてくるので理念や思いを、店舗だったら自分の売りをつぶやきます。

例えば、うちのスタッフはこんなに輝いているとか、うちの製品はこんなところが良い。

ということをアピールしてTwitterは直接相手に届く電光掲示板なのです。

そこで一会社員が何をするかと言うと、お客様から届く感謝の文面についての内容をつぶやいてみるのです。

そのタイムラインをiPhoneなんかでぱっと見せると、すごく売れている営業マンに見えます。

お客様からの感謝の言葉が並んでいるわけですから当然ですね。

これは営業中の見込み客に見せると、見せるだけで最強の営業ツールになるでしょうし、自己ブランディングにもなります。

口で言うよりインパクトがあります。

だからこそ、営業をやっているような人には使って欲しいし、Twitterの中でトップセールスになる可能性があります。

個人のTwitterは学びの場になりますから、趣味でやっているようなことをつぶやくのがいいでしょう。

するとそれが専門性のあるものになっていきます。

そして詳しいことは書いていくと反応があったりして、それが専門書になっていきます。

うちの関係者でドラッカーのことばかりをつぶやいている人がいて、この間も2,3の雑誌に取り上げられていました。

そうするとその人のタイムラインというのはドラッカーの専門書になってきます。

だから面白いんですよね。

ドラッカーに興味のある人の間では結構有名な人です。

Twitterで一番面白いのは大企業も一般個人も同じ土俵でスタートできて勝負できるところです。

中学生が総理大臣とコミュニケーションできるツールは今までになかったものです。

総理大臣から返事が来ることもあり得るわけですから。また積極的な人と繋がれるツールなのでそういう意味でもすごく面白い、消極的な人は付いて来れなくなりますから。

リプライは必要か?

会社としてやる場合には必ずリプライ返信した方がいいですね。

なぜかと言うと企業ブランドがあるからです。

お店なんかもそうですね。個人でやる場合はリプライしたいものだけすればいいと言っています。

140文字なのでその辺は許されるし、Twitterはゆるい世界なのであの人から返信来ないんだけどという人はそれほどいません。

忙しい人に限ってやりやすい媒体なのがTwitterなのです。

普通のメールだと返信に対する義務感がありますが、140文字しか打てないので軽く返せる。あるいは返さなくてもいいという面があります。

変な返し方をするくらいなら返さなくていいです。

酔っ払っているときに打つくらいなら打たなくていいです。

そうしないと自分の価値観を上げてしまうことになりますから、リアクションは必ずする必要はないしスルーするところはスルーしていいでしょう。

あと返信も「分かりました。」というだけじゃなく第三者にも見られているということを意識して周りの人にわかるような文面にしたほうがいいです。

リプライの仕方

リプライの仕方についてですが感情移入したつぶやきに対して、人はすごく反応していきます。

「安かった」「500円だった」というよりも「すごく美味しかった!」と言った表現の方がリアクションがいいですよね?

なので、同感・同意・支援を得られるもので感情移入できるようなつぶやきであれば反応は非常に良いと思われます。

反応のいいネタ

つぶやきの反応がいいのは「仕事のネタ」「お酒のネタですね」

 

特に著者のプロフィールにはお酒が好きという1文を入れており、お酒のネタで日本酒についてのつぶやきをしたら全国の名酒の情報がバンバン入ってきたことがあるそうです。

みんな無料で教えてくれるので、お酒のネタでフォローが増えたそうです。お酒のネタっていいのかもしれません。

反応のいい時間帯

著者は自身のツイートに対するリアクションのデータを収集グラフ化していまして、大体この時間が有効な時間だという結果を持っているそうです。

その時に呟いたりフォローするとかなり相手の反応がいいそうです。

ただし、つぶやきの内容によっては時間が変わってきます。

アダルト系のちょっとエッチなことを書いている人は深夜の方がいいでしょうし、ビジネスマンだったら深夜は避けた方がいいし、お酒を飲むことに関するつぶやきならばやはり飲む時間の18時以降がいいなど。

そういうつぶやきの内容に適した時間というものは必ずあります

他人のタイムラインを汚さないためのテクニック

基本的にタイムライン(TL)というのは汚れるものです。

人が見ていない時間帯につぶやきすぎるとそればかり残ってしまいます。

でも、タイムラインを汚さないで済む有効な時間帯というのがあって、それはTwitterにおけるゴールデンタイムです。

ゴールデンタイムにはみんながつぶやいているので基本的につぶやくというのはどんどん流れていきます。

多少変なつぶやきでも流れていくので大丈夫です。

その時間帯というのは以下の3つです。

  1. 午前11時半から13時半
  2. 18時から19時半の帰宅タイム
  3. 夜更かしタイムで22時から24時

1.午前11時半から13時半と2.18時から19時半の帰宅タイム

多分Twitterをやっているそうでビジネスマンが多いですから彼らの昼時ですね。

その時に彼らはTwitterを見たり、つぶやくので、その時には今から昼ご飯ナウというつぶやきが多いです。そして、その後18時から19時半の帰宅タイムこの時間は異様にフォロー返しが多いです。

この時フォロー返しがかかってきた時にリプライなんかでリアクションするとすごく親近感を持ってもらえます。

3.夜更かしタイムで22時から24時

ただ、最後に「おやすみなさい」と言って寝る人が多いんですけど、これは大間違いです。

なぜかと言うとTwitterでは一番最後のつぶやきが残るからです。

フォローするかどうかをチェックするときに表示されるつぶやきが一番最後のつぶやきです。

本人のつぶやきを見ても一番上に黒字で表示されているのでお休みとうって寝る人はその人の人間性を見る時に「おやすみ」と打つ人としか見れなくなります。

だから、学生であろうが経営者であろうが「おやすみ」だと言って寝てしまう人は「おやすみ」の人にしか見えないなので最後のつぶやきを意識しなければいけませんし、眠いなと思っても、まともな一文を打ってから寝なければいけません。

広告をかける人も全く同じで広告のつぶやきをした後に「おやすみ」と入れると「おやすみ」しか残らない

広告したければ広告のつぶやきを残して寝ることにしましょう。

ゴールデンタイム以外の時間はつぶやきが流れず、残っている時間なので例えば、100人のフォロワーがいて、自分だけがバンバンつぶやいていると相手の100人のフォロワーの中に自分のつぶやきだけが残った状態になります。

その時間にバンバンつぶやくリアクションすることはなるべく避けるほうがいいですね。

リツイート(RT)に自分を入れると効果的

リツイートでは文面を書いた方が効果的です。

またリツイートを見越して120から130程度の文字数に収めておくのがいいでしょう。

逆に高等テクニックですがリツイートされたくない時には140字いっぱいに打つテクニックもあります。

リツイートしてもらえるつぶやき

例えば、リツイートしてくれるつぶやきというのは同感・同意・支援の3つです。

つぶやきに対して同感・同意・支援してくれる人は間違いなくリツイートしてくれますね。

中でも支援は意外においしくて、著者がよくやっていたのは、「フォロワーが1万人になりました。ありがとうございます。

と言った感謝のツイートをすると私を支援してくれる人が勝手にそれを転送してくれます。

それでフォロワーがどんどん増えていきました。

ダイレクトメールに関しては相談・お願いが圧倒的に多いです。

まとめ

フォロワーが3,000人を超えた時の見方
フォロワー全員のつぶやきを全部見るということはしなくていいです。

3,000人くらいになると物理的に全員のつぶやきを見ることは不可能ですから違うコミュニケーションの仕方を考えるようになります。

フォロワーの数を増やさないとわかりません。

増えてくるとわかりますし、他人がどんなつぶやきに反応してくれるかというのは、それくらいの数になると分かります。

定期的に自分のタイムラインをチェックすることで自分磨きにを行い続けましょう。

参考資料:

あなたに合ったTwitter活用術 ~ 無限に使い方があるTwitterを使いこなすためのノウハウ ~

著者:西田 一見 

制作: ラムゼス