ITビジネスを始めるならSNSプロモーションについて知っておこう!

これからITビジネスを始めようとしている人にとって、気になるのがどうやって自分の企業を多くの人に知ってもらうかということではないでしょうか。
どんなに良いビジネスをしていても、それが誰にも知られなければ意味がありませんよね。
そこで重要になってくるのが、どうやってプロモーションをするかです。
プロモーションを上手く行うことで、自分の会社の名前が広がり最高のスタートが切れるようになります。

SNSプロモーションとは

プロモーションの方法は色々ありますが、最近増えているのがSNSプロモーションです。
TwitterやFacebookなど様々なSNSが増え、それを使ったSNSマーケティングが当たり前になっています。
多くの企業がSNSプロモーションに取り組み成功をおさめている程、SNSは重要なツールです。

まず、SNSプロモーションで重要になるのが、いかに親近感をわかせるかということです。
従来の広告の場合、消費者が自ら情報を求めて見ることが多かったのですが、SNSを使った広告はそうとは限りません。
SNSはスマホから利用する人が多く、何となく眺めるという人が大半です。

自分から広告を求めてみるという人は少なく、自分にとって利益がありそうな情報だけをチェックする傾向が強いです。
そうなってくると、SNSを使った広告はいかに消費者の目を引くかにかかっています。
あまりに広告っぽい固い文章だと敬遠されてしまいます。

SNSで広告でのポイント

コラムのような柔らかい印象を与えて、親近感がわくような文章を使うと良いでしょう。
また、これまでの広告のように、ただ情報を届けるだけでは上手くいきません。
消費者が興味を持っていそうなことや、好きそうな情報を取り入れると効果的です。

また、SNSは自分に関連性の高い人の情報の方が反応が返ってきやすくなります。
例えば自分が好きなモデルのインスタグラムの投稿や、フェイスブックのいいねなどを積極的にチェックする人が多いですよね。
それだけでなく、友人同士や一般人同士のコミュニケーションが積極的に行われているのも、SNSの特徴の一つです。
こういった気軽な繋がりがSNSの魅力でもあり、情報交換も積極的に行われています。
もしSNSの投稿者がお気に入りのブランドの口コミを投稿すると、その人と繋がりがある人に一気に広がることも少なくありません。
特にこういった個人の口コミは信頼性が高く、テレビや新聞の広告よりも消費者の目を引きやすいのです。
こういった信頼性の高い口コミをいかに利用するかというのも、SNSプロモーションではまた大切な要素です。

例えば、ツイッターやフェイスブックのフォロワー数の多い方に、自社のサービスや商品のモニターをしてもらったとします。
商品の使用感などを書いてもらったり、使っている様子を詳しく紹介してもらうのも良いですね
これを見た人達が興味を持ち、一気に商品の知名度が上がり売上が倍増したという話も良くあります。
こういった手法のポイントは、消費者に近い人が商品の紹介をしているという点です。

ただ企業側が商品の紹介をしたり、おすすめするよりもグッと消費者の興味を引くことができます。
やっぱり、全く知らない人に紹介されるよりも、自分に近い人がおすすめしている方が、商品を使ってみようかなという気になりますよね。
SNSは投稿者と同じような属性の人が集まりやすいので、「自分と同じような人が良いと言っているなら、私も使ってみようかな。」という気になりやすいのです。

SNSプロモーションの場合は、いかに広告色をなくすかということもポイントになります。
広告色をなくして、一般人の投稿を意識したような広告にしたことで、広告効果が圧倒的に改善されたというケースも多いです。
広告の写真一つとっても、いかにも企業の広告のような作りこまれたものではなく、一般のユーザーが撮影し発信しているようなものにすると、親近感がわきやすくなります。
広告というと、どうしてもお金をかけた方が良いのではと考えたり、作り込み過ぎたりしてしまうかもしれませんが、SNSプロモーションでは逆効果になることも多いです。
大切なのは、やはり企業っぽさをなくして、いかに消費者に親近感を与えるかということです。

SNSは、あくまで消費者のメディアであるということを忘れてはいけません。
これをしっかりと理解し、消費者に親しみを与えることができれば、プロモーションも上手くいくのではないでしょうか。