どんな資格より、まず伝え方を学べ。 就職でも、昇進でも、あなたを最後まで守ってくれるのは、伝え方。| 伝え方が9割 | 要約 | 2

前回の記事の続き

前回で伝え方によって、人生も変わってしまうほど人に与える影響力は大きいというお話をしました。

本記事にて、具体的な伝え方について次の記事にてご紹介していきます。

参考資料:

伝え方が9割

著者:佐々木 圭一 

出版社:ダイヤモンド社

名言からわかる伝え方の技術

 

「考えるな感じろ」

燃えよドラゴン
ブルースリーの名言

 

「死ぬことに意味を持つな、生きるんだ!」

3年B組金八先生

 

「ちっちゃな本が、でかいこと言うじゃないか」

講談社の広告

 

「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ」

踊る大捜査線

 

これを見てて、なにか似ている事に気づかないでしょうか?

これはたまたまではなく、正反対のコトバを使えば心を動かすコトバになる。

 

例えば、「面白い企画」を心を動かすコトバにするのであれば、面白いの反対のコトバを使用して「ほかの企画がつまらなく感じるほど面白い企画」とすればよいのです。

 

心を動かすコトバには法則があり、心を動かすコトバはつくれるのです。

料理のレシピのように。

 

「ノー」を「イエス」に変える技術

 

無理に押し付けるのではなく、相手がやりたくなるように伝える。

 

「イエス」に変える3つのステップ

  1. 自分の頭の中をそのままコトバにしない
  2. 相手の頭の中を想像する
  3. 相手のメリットと一致するお願いをする

 

例えば

1.自分の頭の中をそのままコトバにしない

デートしてほしいいいです

 

2.相手の頭の中を想像する

興味のない人とデートしたくない

初めてのものが好き

イタリアンが好き

だった場合

3.相手のメリットと一致するお願い

「驚くほど旨いパスタの店があるんだけど、行かない?」

を作る

 

お願い7つの切り口

  1. 相手の好きなこと
  2. 嫌なこと回避
  3. 選択の自由
  4. 認められたい欲
  5. あなた限定
  6. チームワーク化
  7. 感謝

 

1.相手の好きなこと

できたてをお持ちするので4分お待ち下さい。

→できるまで4分かかります。→じゃあいいです。となる。

伝え方だけで、売上もかわってくる

2.嫌なこと回避

殺虫剤を巻いていて、服が汚れるので近づかないでください

3.選択の自由

「驚くほど旨いパスタの店と、石窯ピザの店どちらがいい?」

選択肢が一つだけだと断る「ノー」の選択肢がでてきてしまうが、

AとBどちらがいい?という聞き方をすると、どちらを選択してもこちらとしては「イエス」となる。しかも向こうが選んでいるので、相手が主体的になる

4.認められたい欲

✕ダメな例:

「残業お願いできる?」 

押し付けられていると感じる

 

○良い例:

「君の企画書が刺さるんだよ。明日までにお願いできない?」

認められていると感じる

モチベーションも上がるため、クオリティも向上するでしょう

 

5.あなた限定

✕ダメな例:

「自治会のミーティングに来てください」

面倒と感じる

○良い例:

「他の人が来なくても、佐々木さんだけは来てほしいんです」

名前を使い「あなたこそ必要」と感じさせる

人は特別扱いされると喜ぶ

「あなた限定」を使えば、自分だけの特別という優越感から、お願いを聞いてくれやすくなります。

6.チームワーク化

✕ダメな例:

「勉強しなさい」

面倒と感じる

○良い例:

「いっしょに勉強しよう」

一緒にといわれると思わず動いてしまう

人は誰かと共同作業することに喜びを感じる生き物

 

7.感謝

✕ダメな例:

「トイレをきれいに使ってください」

言う側のメリットでしかない

○良い例:

「トイレをきれいに使っていただきありがとうございます」

感謝されると拒否しにくい

「お願い」は相手との共作なのです。

この瞬間から技術を使ってみる

実践してみる重要なことは量をこなすことです。

「量より質」と言われますが、量を出すことを優先させましょう。
アイディアなども1つの選択肢よりも1000のアイディアから選定したり、組み合せることでアイディアのクオリティがあがります。
つまり、たくさんの量をこなすことが質をあげることにつながるのです

では、演習問題

課題:

(クライアントへ)会う約束をしてほしい

取引先の高橋さま。

なかなか会って話を聞いてくれません。

なんと言えば、会う時間をつくってくれるでしょうか?

 

回答例:

いつもお忙しいなか

ご対応いただき、ありがとうございます。

御社だけの今後の戦略を一緒に話し合いたいです。

来週の24日と25日はご都合いかがでしょうか?

解説:

  1. まず感謝をいれて、御社だけ→あなただけを演出
  2. 戦略→相手の好きなワードとして盛り込んでみた
  3. 一緒に→チームワーク化
  4. 来週の24日と25日→選択の自由を加えてみた

 

1対複数人の場合どうするか?

それぞれ一人ひとり考えることが違うため、全員に合わせることは難しいと思います。

しかし、その中でも共通点はあると思います。

例えば、セミナーの参加者に向けてなにか伝えるのであれば、セミナーの参加者は皆さん何かしらを学ぶ意欲を持って参加しに来られていると思います。

メモでも良いので、その複数人が「求めているもの」「興味をもっているもの」を書き出してみると共通点が見つけやすいと思います。

 

共通点を横串にすると話が抽象的になってくるのでは?

最大公約数を意識した伝え方を行っていくことが重要
例えば、新人の方やベテランの方もいる中でお話する場合は共通するビジネスの話を具体的なストーリーを交えてお話するなど

仕事上どうしても断らなければいけないお話をしないと行けない場合はどうすればよいか?

 

「あなた限定」を使えば、断りやすい

「あなたとの関係は今後個人的にも続けて行きたいのですが、今回のビジネスでのお話は見送らせてください。これまでありがとうございました。別の機会が会った際は、優先してご連絡させていただきます。今後もよろしくお願いいたします。」など

 

直接的なコミュニケーションとメールでのコミュニケーションでの伝え方の異なり方で考慮することは?

 

直接クライアントとお話するのとメールでお伝えするのですと、やはり伝わり方が異なってきますよね。最も異なる点は、同じ文面の内容でもメールだと冷たくなってしまうんですね。

デジタルのメッセージだと声のトーンや抑揚などがなくなり、0か1かの状態になります。
そのため、「申し訳ないです」の一言でも、そっけなく感じることもあるかもしれません。それが例え、書き手が本当に申し訳ない気持ちで書いている場合だったとしてもです。

そこで、ポイントは文章で書く場合は、感情を30%増しで書きましょう。

思っている以上に感情をいれるくらいで丁度気持ちが相手に伝わると思いますので、例えば絵文字をありったけ盛り込むのも良いかもしれませんね😊

 

伝え方が9割、残りの1割は?

 

愛情、情熱
伝え方は技術が重要ですが、その手前に相手に伝えたいという思いや情熱、伝える相手に対しての愛情が、やはり大切になってくるのです。

参考資料:

伝え方が9割

著者:佐々木 圭一 

出版社:ダイヤモンド社