本を出版したい人と出版社を結びつける人々 | 出版支援サービスの裏側

本を出版したい人と出版社を結びつける人々 | 出版支援サービスの内容と料金について」の続き

出版支援サービスの裏側

  • セミナーの後には、必ず高額サービス
  • 著者系、編集者系、ネットビジネス系
  • 100%出版保証は本当か?
  • 高額サービスはなぜ300万円なのか?
  • 印税を分け合うシステムは良くないのか?

セミナーの後には、必ず高額サービス

前の記事でもお話しましたが、出版セミナーに参加すると後半は必ず、出版スクールや出版プロデュースでの勧誘になります。
主催者側の本音を言うとセミナーは見込み客を集めるための手段で、出版スクールなどへの勧誘の方がメインの目的になります。
こういったセミナーで見込み客を集めて、塾などの高額サービスを販売しているのはよくあるパターンであり、出版支援サービスに限ったことではありません。

ただ出版支援サービスの場合は非常に高額なサービスに誘われたりあまり良心的でないサービスもあります。
そのため、その辺りは注意してください。

著者系、編集者系、ネットビジネス系

これは出版プロデューサーを簡単に分類したものです。
出版プロデューサーと言ってもいろんな背景を持った人がいます。
著者系というのは何冊かベストセラーを出した著者が、そのノウハウをもとに本を出したい人にアドバイスしていくというもの。

編集者 系は、以前出版社の編集者だった人やフリーの編集者が出版プロデュースをするというもの。

ネットビジネス系というのはネットビジネスで成功して、本を出している人が出版プロデュースも手掛けるというパターンです。それぞれに背景が違うので持っているスキルや伝えられるノウハウも違ってきます。

もちろん同じ著者系編集者系でも個人の能力や経験は違います。
そのため、最終的には、個人の力量によるところが大きいとは思います。

100%出版保証は本当か?

高額の出版プロデュースの中には、出版を100%保証するというサービスもあります。
これは本当でしょうか。

答えは多分本当だと思います。
理由は2つあります。
1つ目は100%出版保証のサービスには、大抵出版できなかった場合は全額返金します。
と書かれているからです。

出版できなくて,返金した人はカウントしないので100%出版保証と言えるわけです。

もう1つの理由は
次の項目にも関連してきます。
そのため、次で説明します。

高額サービスはなぜ300万円なのか?

大体100%出版保証の出版プロデュースは300万円ぐらいかかります。
一方で、以前の記事でお話ししましたが、大抵の出版社ではカスタム出版というサービスを提供しています。

カスタム出版というのは企業や経営者向けの自費出版のようなものです。
大々的に、このサービスを宣伝している出版社もあればこっそりやっている出版社もあります。
大手の出版社では、だいたい300万円から高いところだと1千万円近くというところもありますが、中小の出版社の中には、100万円から200万円くらいでカスタム出版で出せるところもあります。
つまり、そういった出版社に依頼すれば出版プロデューサーの利益文を含めても300万円で出版が可能だということになります。

厳密に言うと商業出版ではないのですが一般の人からは区別がつきません。
そのため、300万円位の高額サービスなら出版は100%可能と言えるわけです。

もちろん出版プロデューサー経由で出ている方がほとんどカスタム出版だと言いたいわけではありません。
プロデューサーとしても商業出版で出せばその方が利益が大きくなります。
そのため、できるだけ商業出版では出せるように企画を練り上げます。
ただ、どうしても企画が通らない場合には、カスタム出版という手段もあるということです。

印税を分け合うシステムは良くないのか?

高額の出版プロデュースサービスでは印税は全額著者が受け取れるケースが多いようです。
一方、出版エージェントやフリーの編集したがプロデュースする場合には、印税を著者と編集者で分け合う形になります。
出版プロデューサーの中には、印税を分け合うのは著者にとって損だ。もしベストセラーになった場合には、収入が大きくするという人もいます。
確かにそれはそうなんですが、出版エージェントやフリーの編集者の場合は先に高額なサービス料をもらっていません。
そのため、出版が決定するまでは言わばタダ働きです。
本が発売されて初めて利益が出る仕組みです。

そのため、印税をわけあって利益を得るのは当然かと思います。
売れれば売れるほど、編集者の利益も上がるため、出版して終わりではなくて、ベストセラーにしたい!というモチベーションもこちらの方が高いといえます。

どちらが良い悪いということではなく、システムが違うということを理解しておいてください。ただ事前に高額なサービス料を取ってなおかつ印税の半分を要求するようなサービスがあったらそれは避けた方がいいと思います。

 

次の記事では「出版支援サービスの上手な活用法」についてお話しします。

参考資料:
完全決定版 誰でもビジネス書の著者になれる! 出版の教科書

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE