【オススメ5選まとめ】ブロガー・ライター必見!!文章を書く前に読んでおきたい文章術について学べる書籍5選!

この記事では文章術について学べる書籍をまとめています。

あ〜、もっとうまく伝えられれば!
そう思ったことがある人は一度よむべきだと思います。
文章術に関する書籍はたくさんあるけど、イマイチ素人の私でも実践できそうな素敵なノウハウがまとめられたテクニック集がほしい!と考え、たどり着いた「」書籍についてまとめることにしました。読みながら震えが止まらなくなるくらい面白い。ここだけの話、これだけ面白ければ学校の教材として扱ってもいいのではないかと個人的には思う。絶対に、絶対に読んだ方がいいです。

ブロガーやライターでない方でも、日常のTwitterなどのSNSやビジネスメールなど文章にふれる機会は多いかと思いますので、「人に何か伝える」上で参考になるかと思います。

最強のコピーライティングバイブル――伝説の名著3部作が1冊に凝縮! 国内成功100事例付き

WEBサイトを運営している関係で、広告の本質を感じとり、キャッチコピーと本文を繋げる要領が理解できます。
商品開発・設計も行っているので、商品力を持つ開発でないと、製作部門が困惑する基になりかねません・・・
戦略は対象×提供価値が大きいほど良く、ここで間違っているといかにコピーを工夫しても、効果は半減します。
事例は豊富でパターン・分類も細かく、応用が利きます。営業部門から開発、経営者まで広くお勧めの良書です。

最強のコピーライティングバイブル――伝説の名著3部作が1冊に凝縮! 国内成功100事例付き
著者: 横田 伊佐男
監修: 神田 昌典
出版社: ダイヤモンド社 (2016/4/15)

 

武器としての書く技術 (中経出版)

先輩ブロガーに教わり読みました。
これからブログを書くモチベーション、気持ちを高めてくれる一冊です。
アフィリエイトに関するテクニックやノウハウもありますが、それよりも書くことを恐れないマインドが勉強になります。
個人的にはブログを書く前に一度、本書を読んでおいてよかったです。

■武器としての書く技術 (中経出版)
著者: イケダ ハヤト 
出版社: KADOKAWA / 中経出版 (2013/6/27)

 

ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック キャッチコピー力の基本

よくバナー広告のデザインの仕事をするのですが
そのときに、デザイナーがキャッチコピーも考えることが多いです。
私は文章のセンスが全くないため
困っていたのですが
この本を参考に書いてみたら面白いほどクリック率がアップし、驚きました

この本は「この言葉を使えば売れる」という系統の本ではなく
考え方を教えてくれる本ですね
もちろん実際のキャッチコピーの例もたくさん載っているのですが
そのコピーのどういう部分が良い所なのかというのをわかりやすく教えてくれています

■ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック キャッチコピー力の基本
著者: 川上徹也
出版社: 日本実業出版社 (2010/8/1)

 

人を操る禁断の文章術

文章とは読み手を行動させるために書くものだ。
テーマが明確です。

営業メール、チラシ、提案書などの販促物から
プライベートのメール、もしかすると
小説などにも応用出来るかも。

・書かない3原則
・人を動かす7つの引き金
・5つのテクニックに従って書く
この3→7→5の手順に沿って推敲すれば
読み手の行動を喚起する文章が書ける、
とても実践的で使い勝手が良い本です。

■人を操る禁断の文章術
著者: メンタリストDaiGo
出版社: かんき出版 (2015/1/21)

 

伝え方が9割


記事でも紹介させていただきましたが、

最もシンプルで強力的な「伝える力」について本書は簡潔に整理され、かつ、すぐにアクションに起こせる非常にわかりやすい貴重なバイブルだということがわかりました。

筆者が冒頭に述べている通り、この本は筆者が長年かけて培ってきた”人を動かすコトバ”を生み出すノウハウが詰まっています。

本書の内容を実践していけば、まちがいなく「伝える力」はあなたの強力な武器になります。人に大事な思いを伝え、受け入れてもらう必要が少しでもあるならば、本書を本棚に並べておくことを強くお薦めします。

■伝え方が9割
著者: 佐々木 圭一 
出版社: ダイヤモンド社; 初 2013版 (2013/3/1)